8/8 北海道講演会「認知症を理解し、共に生活するために私たちにできること」

講演会「認知症を理解し、共に生活するために私たちにできること」
〜認知症になっても安心して暮らせる街を目指して〜

昨今の急速な高齢化の中で、認知症対策は大きな課題となっており、認知症になっても安心して暮らせるよう様々な団体が取り組みを始めています。認知症支援に携わる方のみならず多くの地域・介護関係者の皆さまに向けて、老年精神医学・介護家族と支援職ケアを専門とするベテラン医師である松本一生先生から、認知症の人の心を知る手だてや対応の仕方を通じ、認知症になってもご本人が今までと変わらない暮らしが続けられるようご講演頂けることとなりました。ぜひこの機会にご参加ください。

1 日 時 : 平成27年8月8日(土) 14時~16時半まで
2 会 場 :  恵庭市市民会館中ホール 恵庭市黄金南5丁目11-1 恵庭市新町10番地
3 講 師  : 松本診療所ものわすれクリニック  院長 松本一生 先生
4 定 員  : 200名 参加費無料
5 締 切  : 7月31日(金)まで 定員なり次第締切り
6 申 込  :  FAX受付のみ。以下の参加申込み書をFAXしてください
http://dfc.or.jp/wp-content/uploads/2015/07/e8b27521ba23551412d6584df06098c7.jpg

松本先生プロフィール ~ 認知症をはじめとする老年精神科医学、介護家族・支援職ケアを専門領域とされ幅広く活躍されている方です
著書:家族と学ぶ認知症、認知症サポートマニュアル 、喜怒哀楽でわかる認知症の人のこころ、認知症家族のこころに寄り合うケア(新刊)

松本一生先生講演会ポスター 8.8
松本先生研修会案内

投稿日: 作成者: 認知症フレンドシップクラブ の投稿をすべて表示 | 

戻る
ページトップへ