11/17 サポ友養成講座@町田「本人が語る認知症のこと」

◯認知症と診断されて

ある日突然、「あなたは認知症です」と言われた。
なんや、それ?・・ちょっと物忘れがでてきたけど・・いらいらすることが多くなったけ
ど・・認知症ってなんや?・・治らないらしい、進行するらしい・・何も分からなくな
っていくらしい・・どうしたらよいか分からず、家で何もせず過ごす日が続いた。
辻井氏は思った。「くそったれ!!」
このままで終わってたまるか!・・何とか出来ないか、気持ちを奮い立たせて
少しづつ外に出て講演会などに行ってみた。
話を聞きながら「妻や子供は大変やなあ・・迷惑かけられへんなあ・・」
顔が浮かんできた・・71才の時だった。

◯本人が語る認知症のこと

「治らないのは分かったが、考えてもしょうがない。今日は今日出来ることをやっていこ
う、」それからは各地の講演会に出かけて認知症のことを勉強し人と積極的に関わるよ
うにした。診断されてから8年が過ぎた。・・そんな辻井氏の話を聞いてみたいと思いま
す。
****************************************
日時  11月17日(土曜日)午後13時~15時30分
場所  鶴川 地域コミュニティ リレイス
定員
参加費 500円(資料代)
問い合わせ先
専用(080-5530-1112)
スケジュール
13:00~13;10 オリエンテーション
13:10~14:00認知症と診断されて
辻井 弘氏    聞き手  町田事務局 松本礼子
14:00~4:15 休憩 お茶タイム (参加者交流タイム)
14:15~15:00 認知症を知る・サポ友基礎知識
グループディスカッション(3グループに分かれて)
ディスカッションテーマを元にして
15:00~15:20 外出サポートの実際について
活動しているサポーターからの報告
15:20~15:30 ふりかえり まとめ

投稿日: 作成者: 認知症フレンドシップクラブ の投稿をすべて表示 |  カテゴリー: ニュース パーマリンク

戻る
ページトップへ